読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリ5日目

パリに来て、水木金と、ぶらぶらと歩いて、目についた場所に入って・・・
という形で散策を続けていたのですが、
金曜日の昼過ぎ、
おそらくこのままでは、観たい場所を見れずに終わる・・・
と気づく。
なにせ3日間かけて、回れた所はパリの8区と1区くらい。
まだセーヌ河の左岸にすら一度も渡ってない。


そこで、金曜の夜、コインランドリーで洗濯機を回している間に、
マックでコーヒーを飲みながら、
絶対に行きたい場所をリストアップして、それらの場所を回るための計画を立てる。
(4日目の夜にして計画立てるなよ、自分)


そんなわけで、土曜日は、主に徒歩で回っていた前日までとは変わって、
地下鉄やバスを使って、行動範囲を広げてパリの街を回ってみました。


朝。
パリに来て、初めての快晴。


今日は地下鉄やバスをたくさん使う予定なので、
地下鉄とバスに1日乗り放題の券mobilisを買う。


そうして、地下鉄を乗り継いで、まずはヴァリヴの蚤の市へ。

パリの中心部とは違い、比較的閑静な住宅街の中で、
道沿いに露店がずらり。
真鍮(かな?)のグラスを買いました。
10ユーロのところを、試しに値切って9ユーロにしてもらいました。
もう少しまけてもらえそうな気もしたけど、とりあえず
人生初の値切り体験。


蚤の市の終端からしばらく歩いて、
見つけた停留所から路線バスに乗り込みました。
そして、リュクサンブール公園へ。
レ・ミゼラブルで、マリユスがコゼットと出会った公園ですね。

アンリ4世がイタリア出身のお妃のために建てたイタリア様式の宮殿と
庭園の組み合わせがとても素敵。


リュクサンブール公園横のレストランで昼食を取り、
バスでルーブルまで行って、そこから徒歩でエッフェル塔へ。
エッフェル塔の姿がはっきり見えていたので、
歩いてもすぐかなぁ、なんて思ったのだけど、
結構、かかりました。



エッフェル塔
混雑は覚悟の上だったけど、本当に行列がすごいかった。
行列に並ぶこと実に2時間。
それでも並んだ甲斐あって、最上階からの眺めは絶景。

パリ市街を一望。
でも上から眺めると、本当によくわかるけど、
パリの街ってクリーム色と緑色で成り立っているんだよねぇ。


そうしてエッフェル塔を降りて、セーヌ河を渡った所で
カフェで夕食をとり、
その後バスに乗って、ポン・ヌフへ。


そうして、ポン・ヌフの橋のたもとから船に乗り、
セーヌ河のライトアップ・クルーズへ。
時刻は22時。パリはようやく日が暮れ始めたところです(!)

日暮れていく空と、明かりに照らし出される建物のコントラストが
とても綺麗でした。


そんな感じのパリ5日目でした。