読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってしまった…

やってしまいました……orz


そう。いやに、自然な目覚めでした。
不吉な感じがしたんです。
目覚ましで起こされたんではない、深いところから自然にすーっと上昇して目を覚ました、あの感じです。
おそるおそる、目覚まし時計を見ました。
7時でした。
ほっとしました。
すると、あれですか。目覚ましが鳴るほんの少し前に自然に目覚めたあの感じですか。
昨夜、眠りについたのが遅かったので、ちゃんと起きれるか心配だったのだけど、なんだ、やればできるじゃん、自分。
それでも、なんか、あまりにも、「あぁよく寝たなぁ」って感じの目覚めだったので、もう一度時計を見ました。
7と12のところに針が見えます。……2のところにも針が見えます。
……2?
寝起きでぼやけた視界が次第にくっきりしてきました。目覚まし時計の細い針と太くて短い針と太くて長い針が見えてきました。
7のところ→細い針、12のところ→太くて短い針、2のところ→太くて長い針
これを読むと何時でしょう。
答え:12時10分+目覚ましセット7時
はい、そうですね。せいか……ぃ……えぇぇぇぇっ!
絶叫しました。私のほかに誰もいない部屋ですが、
「んな馬鹿な!?」とか「いや、いくらなんでも!」とか
時計を握りしめて凝視しながら、叫んでました。
ていうか、叫んでたような気がします。動転しすぎてて、もうあんまりよく覚えていない。
しばらく呆然と時計を見つめた後、「と、とにかく会社に電話しなくちゃ」と、よろよろと立ち上がってPHSの元へ行く。
それでもやっぱり信じられない思いが残り、PHSの時計を確認してみる。
『12:13』
液晶に映る文字は、無情に現実を知らしめるだけでした。


はぁぁぁぁぁ。


歩いて2歩のところの目覚ましを無意識レベルで止めて、7時から9時までガンガン流れ続けるラヂオの音も完全無視して、12時過ぎまで眠り続けたというのか、私は……(- -;
目覚ましをかけていない休日だって、滅多に12時を越えてノンストップで眠り続けることなんてないのに。


昨夜、TVで王将フードの社長さんが、朝早くに出勤して会社の掃除をしているのを観て、
「あぁそうだよね、やっぱ、きちんと朝早くに出勤するのは大切だよね」
今の職場にタイムカードがないので、一応9時出社なんだけど、みんな結構緩やかな出社で、その中で、さらにゆるゆるやかな出社をかましている私は、
「明日から私もちゃんと出勤しようp(−_−」
なんて誓いを立てたばかりだというのに。。。


はぁぁぁぁぁ。


そんなわけで、ちょー抜け抜けなことをかまして始まる今週です。。。