読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終回を観終わって

篤姫

6日遅ればせながら、ただいま最終回を見終わりました。


なんていうか、総集編チックな最終回だったね。
できたら、大奥という枷も無くなったことだし、
篤姫らしく自由に駆け回る姿をもう一度見てみたいと思ったのだけど、
篤姫としての主な役割はやっぱり前回までで終わってしまったようで。。。


大河ドラマの最終回って、淋しいね・・・。
篤姫は享年49歳だから、決して長生きとはいえないけど、
ほとんどの主要メンバが先に逝ってしまうし。
西郷さんが西南戦争で亡くなったのは記憶にあったのだけど、
(昔、南九州を一人旅したときに、西郷さんが最後に立て籠もった洞穴見て、
 「あぁ、ここに西郷さんの温もりがかすかにでも残っているのかもしれない・・・!」
 とか妄想してたくらいなので)
そういや、大久保さんも暗殺されるんだったね〜。


なんか、やっぱ、切ないよねぇ。
篤姫も尚五郎も、西郷さんも大久保さんも、みんな、
思いっきり駆け回ったり、悩んだりしまくっていた若い時があって、
だけど、それぞれにそれぞれの終焉を迎えていくんだもんね・・・(T_T)


でも、そんな中で、お近さんから篤姫への手紙の中の言葉は、
大河ドラマというものを集約していたように思う。

香木は、数百年の時を経ても、その香りを失いません。
遠い国に生まれた若木が、時を経て我が国に運ばれ、
縁あってわたくしの元で香り、
そして、今またあなたさまの元で香ろうとしております。
    
人の志もこれに似て、長い時を経て、
いつか思いがけない人へと伝わるのでございましょう。


(涙)


・・・・・・。
あぁぁぁぁっ!
全く悲しくも淋しくもなく、カラッとすっきり明るい気分で
終わる大河ドラマはないのかっ!?(>_<、)


・・・・・。
えーと。
とりあえず。
もうすぐお正月休みにもなるわけなので(今年の休みは長いね♪)、
↓これ見て、淋しい心を癒します。


そーなのです!ヽ(▽ ̄ )ノ
到着しました、『篤姫DVD 第壱集』!!
ディスク7枚組。
第1話から第27話まで収録されています。
第27話『徳川の妻』までです。
いやぁ、きっちり良い話まで納めてくれました。


しかし、やけに豪勢なDVDボックスだなぁ。
新選組!』は、6面体のうちの1面が空いてるケースに
DVDケースが入っているというシンプルな作りだったのに、
篤姫は素材の良さげな厚紙ケースにものものしく入っております。
中のブックレットの紙質も良いです。
新選組!』は、結構ペラペラな紙だったのに・・・。
やっぱ、ペーペー武士と大奥の御台所様との格の差ってことでしょうか?


ま、そんなわけで、元気活発な於一の姿を
もう一度見てきま〜す☆