読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家探し編1 ある日、ふと思い立ち

時に、マンションを買っちゃいました。


「マンションを買おう」
そう思い立ったのは、年の瀬せまる12月下旬。
12月上旬に、知人が「引っ越すの〜」って言っているのを
「へぇ〜」って、完全に他人事として聞いていたのに、
なぜかその1ヶ月後にはマンション買っていた( ̄▽ ̄


今住んでいるアパートは、

  • 新築(5年前入居時点)
  • 1DK。33平米。西と南に面した角部屋。
  • 最寄り駅まで徒歩8分。川崎駅まで自転車で10分。
  • 自転車、バイク置き場あり。
  • 家賃も周囲の相場からするとかなりお得。

て感じで、特にそんなに不満もなく、快適に暮らしておりました。
あえて挙げるなら、

  • ベランダからの景色がよろしくない。(すぐお隣の建物)
  • ベランダ側の窓(西向き)の日当たりが良くない。
  • 雨風の強い日に、ポストに雨が吹き込んで郵便物がびしょぬれになる。
    (これは結構問題。ただ月に1回あるかないかくらいなので、まぁ……)
  • 一人用のリクライニングソファを常時出しておけるスペースがあるといいんだけどなぁ
    (普段はクローゼットの上の棚にしまって、使うときによっこらせと降ろす)

くらいかな〜。


なので、「もう何が何でも引っ越しする!」みたいな気分はおろか、
「そろそろ引っ越そうかな?」なんて気分になることすら、
まったくなかったのだけど。


ただ、
基本1Kのアパート。(一番奥の私の部屋とその下だけ 1DK)
住人は学生さんから私ぐらいの年齢の人たち。
知らぬ間に、越してきて、
顔も名前も全くわからぬままに、越していく。
(むしろ、塀を隔ててお隣りの古アパートの人たちの方が
 朝の挨拶する分だけ顔見知り)


そういう中で、このまま年月を重ねていくのはどうなのかなぁ……
てことを時折、思うことがあって。
別に、べたべたの近所づきあいをしたいわけではないけど、
何というか、もう少しだけ、その場所に属している感じがほしいというか。


あと、もう1つは、生活スタイルが確立してしまった、というか、
家に工夫のしようがなくなった、というか。
物の配置とか、自分に暮らしやすいように色々工夫してきたのだけど、
なんかもう、今の家で出来ることは充分に出来てしまって、
あとは、物が増えたらちょっと整理して……の繰り返しなんだろうな、
て感じで、
別に悪くないんだけど、暮らしやすいんだけど、
何か煮詰まった感じというか、
エントロピーが静的平衡に達してしまった感じというか。(なんだ、そりゃ)


なんか、そういったモヤモヤを漠っと感じていた頃、
「マンション買ったら?家賃と変わらないよ」
なんてことを囁く人も周りに数人いて。その時は、
「いや〜、でもあれ、最初に色々かかるじゃないですかー」
て、返してたのだけど。


12月下旬の週末。たしか、21日(土)。
部屋の掃除をしながら、
そういえば、来年はアパート更新だなぁ、
とふと思い、
更新どうしよっかな、と、
はたりと思った。


それで、ちょっと軽い気持ちで、Suumoのサイトにアクセスして、
中古物件を検索してみた。
(ちなみに、
 近くでマンションやアパートが建築されてるのとかを見ると、
 よくSuumoで検索して、
 ふむふむ、あそこの間取りはこうなるのかー、家賃はこれくらいかー、
 とかやって、よく遊ぶ。)


で、適当な検索条件をぽちぽちっとして、
目に付いたのが、リノベーション物件。
Suumoのローン試算シミュレーションで、
月々の支払いが今の家賃よりも全然安くて。
「おぉ、なるほど。リノベーション物件を安く購入するっていうのもいいな〜」
外は古いけど、中はきれいでお洒落っていうのは、なかなかに素敵だよな。


なんてことを思い、
リノベーション物件で色々検索していくうちに、
立地や間取りが気にいった物件を1つ見つけた。
間取り図を見ているうちに、
「これ、いいんじゃない?なんか、いいんじゃない?( ̄▽ ̄」
てテンション上がってきて。


よし、じゃあ、不動産屋へ行ってみよう。


と思い立ち、
んでも、その日はもう遅く、翌日曜日も用事があったので、
次の週末に不動産屋に行くことにした。


でも、どこの不動産屋に行くのがいいんだ??


ネットワーク網は同じだから、扱っている物件はどこも一緒だとは言うけれど、
大きい買い物なのだから、気持ちよく買い物できるところがいい。


ネットで調べてみても、大手と個人、一長一短のようで。
大手は広域に強くて、個人は限定地域に強い。
あとは、当たり外れなので、いくつか当たってみるのがいいでしょう。
って感じ。


う〜ん、、、私の場合、場所は結構絞られてるから個人でも良さそうだけど、
でも、恐い感じのおっちゃんだったら嫌だしなぁ、、、
でも、賃貸の時は今までずっと大手だったから、ちょっと小さめのとこも
試してみたい。。。


それで、川崎駅近辺の不動産屋を検索して、
大きくもなく、個人でもない、10人くらいの規模の不動産屋に
行ってみることにした。


なめられないように、と
普段しない口紅やマスカラをして、タイツを履いて、
いざ。(でも、交通手段はチャリ)


が、気合いを入れて向かったその先は、
『本日、臨時休業』
あぅ・・・orz
年末だから?年末だからですか??


う〜ん、どうしよっかなー、まぁ川崎なら不動産屋いっぱいあるしなー、
とチャリを漕ぎつつ、横を見ると、そこに大手N社の営業店。


あぁ、そういえば、ここもあったな。
・・・大手だけど、まぁいっか。


てわけで、自転車を停めて、いざ。


「気になる物件があるんですけど……」
「購入ですか、賃貸ですか?」
「購入です」


(子供が何言ってるのかしら、て思ってないかな……
 いや、でもこう見えて私、それなりに歳いってるんです……!)


みたいなことを脳内でぐるぐる考えるも、
「じゃあ、担当の者を呼んできますので、こちらの用紙にご記入ください」
て普通に案内されて、問診票に記入、記入。。。φ(.. )


しばらくすると、担当の人が来たので、
気になってる物件名を伝えて、資料をもってきてもらう。
で、現在、リフォーム中だけど、中には入れそうなので行ってみますか?
て話になって、ぜひ、てことで、現地へ。


季節は冬至を過ぎたばかり。
早くも陽の暮れかかっていく中、現地に到着。
リフォーム工事まっさかりの部屋に踏み入り、、、


う〜む。。。景観が微妙。。。(T_T)
目の前すれすれに建物が建ってるわけじゃないけど、
斜め前や20mくらい離れたところの高いマンションが、
景観と日当たりを阻害している。。。


写真やGoogleMapでチェックした時には、
道路に面しているように思えたけど、
マンションの中で、道路に面してる部屋、裏側の建物に面している部屋があったようで。
現地を見てみないとわからないもんだ。。。


てわけで、これはやっぱりないかなー、
ということで、担当のIさんに、
良さげな物件あったら連絡ください、と言って、
この日は帰宅することに。


別れしな、
「この価格帯だと、駅近物件はあんまりないんですよね。
 バイク置き場も必要になるとねぇ。バスになれば、あるんですけどねぇ。
 見つからないようなら、そのまま今のところ、更新した方がいいですよ」
とIさんに言われる。


日も暮れて、年も暮れゆく12月28日夜。
う〜む。。。と唸りながら、とりあえず、
自転車こぎこぎ、帰路につく。


(つづく)


   * * *
マンション購入奮闘記 家探し編1 ある日、ふと思い立ち - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編2 予算と条件を考える - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編3 居住中の家を内覧する - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編4 譲れるもの、譲れないもの - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編5 新しい出会い - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編6 変えられるもの、変えられないも - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編7 内覧ツアー - Sato’s Diary
マンション購入奮闘記・家探し編8 運命の物件 - Sato’s Diary