読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレーカー対策

広い部屋に越してから、
冬になると、がんがんブレーカーが落ちるようになりました。


何が問題って、暖房。
部屋が広くなった分、出力も増えたようで。


去年の冬は、
とりあえず、暖房と電子レンジと電熱グリルを同時稼動させなければok、
ということを把握したのですが、
今年の冬は、低体温対策にストーブを買ったものだから、
ブレーカーの落ちる条件が複雑に。


暖房とストーブと電子レンジ。
これで問題なくいける時もあれば、
がんっ!とブレーカーの落ちる時もある(−−;
要は、暖房。
奴の出力が一定じゃないから、
こういうことになるわけです。
静かにしてたかと思うと、
いきなりウィーーンと頑張りだす。
で、その途端に、がんっ!・・・と。


落ちたら上げればいいだけのブレーカーだし、
デスクトップPCを使う時は、
怖いから、暖房を消すか、ストーブのワット数を下げるとか、
ある程度の対策は講じられるけど、
それでも逃れられない不慮の事故、それも取り返しのつかないことが
世の中にはあるわけで。


先週の日曜日。
スケートから戻って、TVを付けるとフィギュアのエキシビジョンが
放映されてました。
もちろん、ちゃんとビデオの録画予約もしてるので、
最初の方は後で見ようと思いながら、
昼ごはんの支度なぞしながら、各選手の美麗な演技を眺めておりました。
その時です。
がんっ!と来たのは。Σ( ̄ロ ̄lll)


電子レンジも使ってない。電熱ヒーターも使ってない。
動いていたのは暖房とストーブとビデオとTVだけ。
なのになのになのにっっ。。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。


・・・あのですね、我が家のHDD&DVDレコーダ。
録画中に電源が落ちると、
録画途中のデータ、消えるんです。
きちんと終了処理しないとデータとしてちゃんと保存されないようなんです。
だから、ブレーカーが落ちたのが、
タイミングよく、CMの途中だったりしても、
もうねー、残ってないんですよ、それまでの録画データ(涙)


あまりのショックに、しばらくへたりこみました。


だから今回のエキシビジョン、
真央ちゃんの演技、見てないんだよなぁ、私・・・(T_T)


そんなわけで、
もうこれ以上、こんな不幸が続いてはならじっ!。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。
と対策を講じることにしました。


最初、契約W数を変更しようかと考えたんだけど、
W数を上げると、やっぱり電気の基本料金は上がるし、
一度変更すると、一年間は変更不可能らしい。
寒さに弱く、暑さに強い夏生まれの私は、
春・夏はほとんどエアコンなしで生活できるので、
春・夏も基本料金上げて契約W数を上げるのも何だかなぁ・・・
と思い、別の方策へ。


というわけで、↓これを買いました。

UPS無停電電源装置という奴です。
ユタカ電機製作所というところのUPSmini500II。
静音設計、バッテリ寿命7年間、というところが
選択のポイント。


本日、手元に届いて、早速セットアップ。
セットアップといっても、コンセントとPCやビデオの電源との間に
かませるだけ。
セットアップ後、ためしにUPSのコンセントを抜いて、
擬似停電を起こしてみると、
うん、問題なくビデオもネットワークHDDも稼働中v


これで、もうブレーカー落ちも怖くない♪


しかし、
昔、ADSLの工事に来た人が、
「女の子の部屋で、自作パソコンは珍しいですね」
って私のPCを見て、つぶやいていたけど、
あれから、無線LANルーター、ネットワークHDD、ネットブックPC、
Bluetoothスピーカー、そうしてUPS・・・、
と更なる充実を重ねた今の私の部屋を、もしもあの時の人が見たら、
いったい何と言うのだろうねぇ。。。o( ̄ー ̄;)