読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒカルの碁 完全版

漫画

最近、「ヒカルの碁」の完全版をチビチビと買い集めてます。


ヒカルの碁 1 完全版
ヒカルの碁 1 完全版

ヒカルの碁 2 完全版
ヒカルの碁 2 完全版

ヒカルの碁 3 完全版
ヒカルの碁 3 完全版

ヒカルの碁 4 完全版
ヒカルの碁 4 完全版

ヒカルの碁 5 完全版
ヒカルの碁 5 完全版
完全版は、表紙が美麗ですね。。。(*^−^*)


昔、ジャンプで連載していた時に途中まではコミックも買い集めていたのだけど、
収納スペースの問題で、途中で買わなくなり、いつしか手放してしまってました。
(なにせ、あの頃は漫画を300冊以上、持ってたからなぁ・・・(−_−
 でも今もうっかり、100冊越えちゃって、そろそろ収納場所がないんだけどね・・・)


それでもジャンプで最終回まで読み続けていたので、ストーリーは知ってるんですが、
今、改めて読み返すとやっぱり面白いね。
ていうか、碁のルールを覚えて読むと、また別の面白さがある。


昔はたぶんそのまま読み流していた
「白、切らずに取りか!」
とかいうセリフのところで、
う〜ん、切るっていうのはココの断点のことかなぁ・・・ココを切るとどうなるんだ・・・?
と盤面とにらめっこして首をひねったり。
あと、今、第5巻でヒカルが院生になったところなので、
日本棋院がよく登場するようになったのだけど、
「あ、ここ、この間、行った所だ〜♪」
と、ちょっとどきどきしたり。


ちなみに、この間調べてて知ったのだけど、
ヒカルの碁に出てくる佐為やプロ達の棋譜は、
実際のプロ戦の棋譜を使っているらしいです。
で、連載中は、ネット上で
「今連載している対局の棋譜はこれだー!」
とかって誰かが見つけてきて、
「えっ、じゃあこの戦い、○○が勝つの!?」
と、予想というか予知してたらしい(^^;


愛蔵版は毎月2冊ずつの刊行で、まだ途中までしか出ていないので、
そのうち追いついてしまいそうですが、
のんびり楽しく買い進めていこうと思います。
・・・収納スペースも何とか用意しないといけないしね(−ヘー;


しかし・・・終わりを知った上で読み返していると、
佐為とヒカルの何気ない掛け合いの日々が
余計に、きらきらとかけがえのないものに見えて、胸が苦しいのぅ(;_;)