読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵文字メール

03になり、絵文字メールを受信できるようになりました。
esのときには、絵文字部分は〓(ゲタ)で表示されていたので、
友人諸氏からのメールに〓が出現すると、
前後の文章から
「おそらくピースマークかニッコリマークか、その類だろう」
とか推測してたわけです。


文末ならまぁいいんだけど、
「今度、〓に行こう〓」
とか来られると、結構、悩まされた。
「この相手で、今の季節だから、スノボかな?・・・いやいや、ビールか?」
いったい何の推理ゲームをしているんだ、という話(^-^;


どうにも判別できず、仕方なく相手に、一体何の絵文字なのか問い返すこともあったけど、
大体はそのまま。
なので、たぶん、微妙な勘違いをしたまま、やり取りしたメールも
いくらかあったのではないかと思われます。


まぁ、そんなわけで、
今まで、〓で表示されていた部分が、きちんと絵文字で表示されるようになってみると、
いやはや、まぁ何ともいつのまに、カラフルなメールが巷では遣り取りされるようになったもんだ、
と、浦島太郎になったような気分。
いや、単に私のメーラーでだけ、〓で表示されていただけで、
世間ではとっくの昔から絵文字は交わされまくっていたのだけど、
何かこう、知ってるようで知らない世界に来てしまったような感じなのですよ。


ちなみに、まだ私からは絵文字の入ったメールを作成してないです。
なんていうか、ほら、微妙に照れのようなものがあるっていうか。
いやまぁ、いまさら私が絵文字メールを打ったところで、
誰も何も思いはしないだろーけど。


そうそう。〓といえば。


私、初めて〓付きメール、つまりは絵文字付きメールを受け取ったのは、
確か、年下の女の子からでした。
私の友人の中では比較的、流行に敏感なタイプの。


で、そのメール見て、
「なんだ、この〓は??」
と思うわけです。
普通ならば、句点か改行になっているだろうところに、謎の〓。
しばし考えて、
「・・・そうか、よくわからないけど、句点や改行の代わりに〓を入れるのが、
 最近の流行りなんだな」
と、納得。ていうか、勝手に解釈(^−^;


そうして、やがて、他の友人たちからのメールにも〓マークが入り始めるわけですが、
それでも、
「はぁ、よくわからない流行だなぁ。普通に句点や改行でいいのにねぇ」
と、自分の最初の解釈を全く疑う事なく、
やがて、どう考えても文末じゃないだろう、という箇所に〓が入ってきても
「このマークは、句点や改行以外の何かの意味も持つんだな」
と、なかなか良い線までいったけれども、それでも、
友人たちが“ゲタ文字そのものを打ち込んでいる”と、
全く疑うことなく信じていたのです。


が。そんなある日。
母から、ひとつのメールが送られてきました。
そう、
その文面に、あったわけですよ、
『〓』が。



絵文字か!!Σ( ̄□ ̄;)


母が、句点や改行の代わりに〓を打つ、なんていう奇妙な流行を知っているとは思えず、
たとえ知っていたとしても、それを真似てみるとも思えず、
そうして、ようやく気付いた次第であります。


・・・私、ちょっと思い込み激しいところがあるんです、昔から(_ _;


まぁ、そんなわけで、
私が、〓文字メールならぬ絵文字メールを送る日も
そう遠くはない未来のことなのでせふ。