読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログ放送終了に際して思ふこと

明日でアナログ放送も終了ですね。


この1,2週間、
会社からの帰り道に、近所でアンテナをいじっている家も
ちらほら見かけ、なんかいよいよ忙しない感じだなぁ、
なんて思ったり。


ちなみに、そんなことを思ってる我が家のTVは、
アナログTV
買い換える予定も特になし。


まぁ、デジタルチューナー付きのDVDレコーダがあるから、
DVDレコーダ経由でならデジタル放送を見れるしね。
ただDVDレコーダの起動に約1分かかるから、
見たいときにすぐに見れないという問題はあるけど。
でも基本的にTV見ないしね。


ヨドバシのTVコーナーに行くたびに、
「最近のTVは、本当に綺麗に映るなぁ、
 それに結構安いなぁ。」
と思ったりはするんだけど、
どうにも、よし、買うぞっ、となる決定打がなくてねぇ。


なので結局、このままアナログ放送終了を迎えるみたいです、私。


で、この間、ひさしぶりにTVを付けてみて驚いたんだけど。
アナログ放送のTV画面の左下に、
超デカデカと「あと○日で終了」て文字が出ている。
画面下に「アナログ放送は7月24日で終了です」の
テロップが出るようになった時には、
まぁ、なんともうざったいテロップだ、とは
思ったんだけど、
さらに今度はTVの画像にまで侵食して終了宣伝とは・・・(−−;


なんていうかさ。
そこまで強調されなくても、わかってるわっ(−o−メ


私の勝手な考えだけど、
この広い日本の中にはさ。
このアナログ放送終了を機に、
TVからおさらばしようっていう人とかも、
いたりするんではないかと思うんですよ。


長年使い続けたTVでね、
最後の最後までアナログ放送を堪能してね。
そして7月24日正午。
ふつりと放送が終了した瞬間に、
なんかこうしんみりと、TV人生に終止符を打つ・・・
みたいなさ。


で、そういう人々からすると、
「7月24日にアナログ放送が終了することなんて、
 十二分によくわかっているんだから、
 もっと静かに終わりの日を迎えさせてくれ!」
なんて気分だったりするんじゃないかなぁ・・・
なんてことを、
デカデカと画面に映る「終了」の文字を見ながら
つらつらと思ってみたり。
いや、まぁ、勝手な妄想ですけどね。


・・・さて。あと15時間弱。
明日の正午に家にいるなら、
終わりの瞬間に立ち会ってみようと思うのだけど、
さてはて、どういう感じなんでしょーねー??