読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

after 1year

早いもので、新しい会社に入ってから、
一年が過ぎました。


6月17日、
前の会社で上司だったことのあるYさんの退職パーティがあると聞き、
のこのこと顔を出しに行く。


その1週間前に、前の会社の後輩とたまたま食事をしていたところで
その会のことを聞いて。
Yさんの俺様なところに、在職中はそれなりにムカついたこともあったのだけど、
それでも、何のかんので私のことを心配してくれていたので、
元気な私を見せびらかしに行こうかな、
と思ったのだ。


幹事が課長のKさんだというので、
『17日にYさんの退職パーティがあるって聞いたんですけど、
 こっそり紛れ込んでもいいですか??』
てKさんにメールしたら、
『こっそりではなく、普通に参加OKですよ!』
とお返事をいただいたので、
いけしゃあしゃあと参加表明。


当日、いつもより早めに仕事を切り上げて会場に向かうと、
てっきり一部署の50人くらいの会かと思いきや、
200人以上の人たちが集まっていた。
ここで会えるとは思ってなかった人たちとも、
久しぶりの再会。


元社長のMさんを見つけたので、
「おひさしぶりです! 元気な私を見せびらかしに来ましたー」
って挨拶したら、
「いやぁ、君はいいね。辞めてもこういうところに普通に顔を出していいね」
って笑ってくれた。
Mさんも今週いっぱいで定年退職で、この後は知人と会社をやられるのだとか。
Yさんも、退職後に何かを始めるようで、みんな、まだまだ元気でいいね(*゚▽゚)ノ


その後も色々な人たちと話して、
最後、女子会メンバーの元へ。


「次、会うときは、良い報告を聞くときね」
って去年の10月に言われて別れたので、
どうしよう、私、まだ何の報告もないんだけど・・・( ̄▽ ̄;
と思って、声をかけにいくのを躊躇っていたのだけど、
私が近くに行くと、
「おかえり!」
と笑って迎えてくれた。
「話しに行きたかったけど、色々な人達と積もる話もあるだろうから
 待ってたのよ〜」
と姐御のKさん。


そうして、楽しくあっという間に時間が過ぎて一次会が終わり、
幹事をねぎらいに行くぞー、
と誰かが言うも、2次会の店が決まっておらず、右往左往。
「あそこのお店だったら、この人数でも入れるかも・・・」
とKさんが言うので、タブレット取り出して検索。
「ここですか?」
「そう、そこそこ」
携帯を取り出して、お店に電話する。
「すみません、20名分の席って空いてますか?
 ・・・あ、はい、じゃあお願いします。15分後くらいに行きます」
プツッと携帯を切って、
「お店取れましたー。場所は○○でーす。
 わからない人は、とりあえず付いてきてくださ〜い」
みんなにアナウンス。
社員じゃない奴が幹事やってるぞ、と後ろで誰かが笑う。


そんな感じに、結局3次会まで居残って、
タクシーで帰宅。
楽しい夜でした(* ̄▽ ̄*)


         * * * * *

主役のYさんとは、残念ながら、あまり話せなかったけど、
ひとつ、気づいたことがあった。


「これだけの人が集まって、さすがYさんだよな〜。
 今月、他にもたくさんの会があって埋まってるっていうし。
 こういう最後のときに、その人がその会社で果たしてきたことが現れるよね」
一次会の会場で、ある人が言った。
一年前に自分が会社を辞めるときに私も思った。
通知表をもらっているみたいだな、と。


今日、私は、Yさんの受け取る通知表を見ているのだな、
と思った。


お義理だけで、人は動かないし、集まらない。
これだけの人が集まったのは、
Yさんがそれだけたくさんの人たちに心を砕いてきたからだ。
その砕き方が、時に誤っていたとしても。


私と言葉を交わしたときのYさんの表情と、
たくさんの人たちと言葉を交わすYさんを見ているうちに、
私はひとつわかった。


私がYさんに対して、ひとつだけ、どうにもムカつき続けていたあること。
私はずっと、それはYさんが「俺様な自分」を守るためにやったことだと
思っていた。
だけど、そうじゃなかったんだ。
Yさんのあの言動は、私と、もう一人を守るために、
Yさんなりに考えた方法だったんだ。
どちらか一方ではなく、両方を守るために。
結果的に、どちらも守れなかったのだけれど。


そういうことだったんだろう。


Yさん。
「涙、見せるな!」
辞めるときに、あなたは私にそう檄を飛ばしてくれたけど、
新しい場所で、私はやっぱり相変わらず、
泣いたり笑ったり怒ったりしながら、突き進んでます。
「それでも構わない、笑ってる方がいいけれど」
そう言って、私を笑わせようとしてくれる優しい人たちに囲まれて、一年を過ごして、
そうして今、あなたの優しさに気づけたんだと思います。


新しい場所で、時に行き違いながらも、
これまでの11年を糧にして、
新しい人たちと新しい関係を築いて、
私の中にあった傷は、もう傷ではなくなりました。
もう誰も何も恨んでません。


あなたがこれを読むかはわからないけれど、
俺様なくせに、実は細やかで色々気にしぃなあなたは
たまにこっそりこのブログを覗いている気がするので、
そのうち、読んでくれるんじゃないかなぁと思いながら、
これを書いてます。
もしいつか読んだら、
「生意気なこと言いやがって」
って、いつものように憎まれ口を叩いてください。


では、元気なセカンドライフを。