読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球儀

高校生の頃から、ずっと欲しかったものがありました。


それは、地球儀。


ジュール・ベルヌの『海底2万海里』(もちろん、ハードカバー)を、
地球儀を回しながらいつか読むのが夢でした。


けれど、地球儀を置けるスペースがなかなかに確保できず、
店で地球儀を見かけるたびに、
うっとり眺めつつ、くるくる回しつつ、
いつか買うなら、これがいいかな、あれがいいかな、
と吟味しておりました。


そして、一年前に引っ越して、
ようやく、地球儀を置けるスペースはできたのだけど、
どこに置こうか、サイズはどうしようか、と悩んでいるうちに日々が過ぎ。


置くなら本棚の旅行関係の本を置いてある隣りがいいかな、
いや、でもその場所だと小さい地球儀しか置けないぞ、、、
やっぱり地球儀は大きいのをくるくる回すのがいいんだよ、
回した時のうっとり感が全く違うじゃないか・・・
いやでも、大きいのだと存在感ありすぎて、やっぱり置く場所が難しいんだよなぁ・・・。


店頭でくるくると地球儀を回しながら、うんうんと悩んでは、
まぁ、いつでも買えるし。。。
と引き下がっておりました。


が、昨日。正月ぶりの2連休。
買い物に出た川崎のとあるお店で、出会いました。
初めて見るデザインの地球儀。
もしも小さい地球儀を買うならこれだな、と決めていた地球儀があったのだけど、
それの大きいバージョン。
目にした瞬間、
これ!
と胸にどきゅんときた。


んが。なんせいつか買おう、と心に決めてから16年。


本当にこれでいいのか、小さなサイズでなくていいのか、
大きいのを買うならリプルーグル地球儀にしようと思っていたのに、
これでいいのか。
地形の隆起とかない平たいタイプだけど、これでいいのか。


丸一日、自問自答。


が。仕事中も気になって気になって仕方なくなって、
ひさしぶりに早くに仕事を上がった足で、買いに走りました。


心はもう決まっているのに、
店に入ってきて一目散に地球儀の元へ行って、これください!
て言うのは、なんか変かもしれない、
などと思い、いったん地球儀から離れて、興味もないのに他の雑貨をぷらぷら眺めて、
やっぱりこの地球儀いいわね、なんて風を装って、すみません、と
店の人に声をかける。


展示品のお渡しになりますが、よろしいですか?
と言われて、いやぁ、他の人の手に渡らなくて良かった〜(>_<)
と安堵する。


そうして、大きな紙袋を抱えて帰宅。
こんなにうきうきしながら、何かを買って帰ってきたのは、いつ以来だろう?


そうして夕飯を済ましてから、箱からそっと取り出したのが
こちらです。


うっとりしながら、くるくる回してます(* ̄ー ̄)v
地球儀ってロマンだ。