読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行く年

2014年大晦日。
予定では、のんびりコーヒーでも飲みながら、
のんびり一年を振り返っているはずだったのだけど、
なぜか現実は、
始発電車で帰宅して、一眠りしてから
部屋の掃除を済ませて、年賀状の素材集と一週間前に壊したリンス容器を買いに出て、
ダッシュで帰宅して、年賀状つくって、
買ってからまだほとんど印刷に使ったことのないプリンターと格闘しながら何とか印刷を済ませて、
ダッシュで荷造りして実家に向かう。。。
な一日となっているのは、なぜだろう。



2014年。
ラジオで、「書き初めを書くとそれが叶う」という話を聞いて、

と、Painterで書いてみた年の始め。
今の状況は全く予想もしていなかったけれど、
振り返ってみると、本当にその通りの一年になったなぁと思う。


遡ること、2013年12月のクリスマスを過ぎた頃の土曜日。
部屋の掃除をしながら、そういえば、来年はアパートの更新だな、
と思い、それならば、とマンション購入を思い立ち。


12月27日 不動産屋に足を運ぶ。
1月18日 今の部屋に出会う。
1月25日 契約。
2月 リフォーム準備。ショールームに行きまくる。


思い立ったが吉日、勢いを止めてはならじ、と
勢いに任せて突き進み、
あとは、リフォーム業者の方にお願いします、
と言って、部屋が出来上がるのを引っ越しの準備をしながら待つだけ。
となった2月末。
これまた唐突に、転職を思い立ち、


3月上旬 転職活動開始
3月21日 引っ越し
4月初旬 内定もらう


履歴書を書きながら、
「来週末には引っ越しなのだけど、どっちの住所を書けばいいんだろう?」
と首を傾げ、
面接時の持ち物に「筆記用具」と書かれているのを見て、
「このうず高く積まれたダンボールのどこに筆記用具あるんだろう?」
と新居で途方に暮れ。


なるべく転職活動のために会社を休みたくなかったので、
色々と既存の予定と面接の日を合わせた結果、
さいたまスーパーアリーナ世界フィギュア選手権に、面接帰りのスーツ姿で行ったり、
朝9時半に住宅ローン決済、そのあと10時半から最終面接。
とかいう、状況になったり。
とにかく目まぐるしい日々が続き。


5月。
4月末でプロジェクトの仕事終えて、
あとは前年度の年休消化して好きなときに会社にくればいいよ、と優しい上司に言ってもらったので、
こんな機会はそうそうあるまい、と、
残りの出勤日を全部年休扱いにして、毎日好きな時間に会社に行って、好きなことをやって、
会社中をふらふら好きに歩き回って、知り合いを飲みに誘う、
という自由社員の日常を満喫し。
5月の平日は全部飲む!
と目標をかかげたけれど、途中でさすがに肝臓に疲れを感じ、人生初のキャベジンを飲み、
それでも、ちょっと厳しかったので、泣く泣く一日、休肝日を入れ。
別の意味で目まぐるしい一ヶ月だった。


そして、
5月20日。退職。


この日を迎えるまでのことは、前に書いたので、詳細はここには書かないけれど、
色々あったけれど、最後は自分もみんなも笑顔で、
みんなから良い「気」をもらって、送り出してもらったなと思う。
それが、この後の自分が、笑顔と元気で爆走できることに繋がったように思う。


そして、退職日のあとも2日間、飲みまくった後、


5月23日〜30日 北陸地方、モンキー一人旅


一人旅と言いつつ、
長野では、6年前に一緒に仕事をしていた人たちと飲んだり遊んだりして、
富山では、昼は大学時代のバイト仲間と久しぶりの対面を果たし、
夜は、半年前に会社の研修で知り合った知人と飲み、
金沢だけは一人で走り、
帰りには宇都宮で大学時代のメカ女仲間の家に泊めてもらい。
いつもの一人旅とはちょっと趣の違う旅でした。


これも含めて、2014年は、
ひさしぶりの人達との再会が多かった。
富山でバイト仲間の一人と再会したのを機に、
12年ぶりに、バイト時代の面々と同窓会したり、
高校の電算部時代の友人たちを家に招いたり、
6年前に一緒に仕事をしていた人達とひさしぶりに再会したり。


そして、この時期、久しぶりに会う人達に、
「あれ?なんか雰囲気変わった?」「痩せた?」
と言われることが不思議と多かった。
今までの人生、ひさしぶりに会う友人に、
「ほんと、変わってないねー」
と笑われることはあれども、
変わった、と言われたことは皆無だったのが、
この時期は本当に不思議なくらいに言われた。


この10年、体重の増減もさしてないので、アルバムめくって、いったいどこで変わったんだ??
と首を傾げてみたけどよくわからず、
ただ、最後に、1年前に会った人からも同じことを言われたので、
この1年の間の変化のようです。
(でも、誰も素直に「きれいになったね」とは言ってくれない)


そうして、
6月1日 入社。


新しい環境に緊張して、
トイレで表情筋をなでなでして顔の筋肉を緩める一ヶ月を過ごしつつ、


7月4日、全社会。朝、家の鍵をなくす。


全社会の中途入社者の自己紹介で、
「朝、ゴミ出しついでにスーパーに行って、戻ってくるまでの間で
 家の鍵なくしてピンチです」
と話したら、とりあえず、会社のみんなに「鍵の子」として認知された。


今でも、
「普通、鍵はなくさない」
「そもそも、朝、スーパーに行かない」
「データベースはドロップするなよー」
と、ことあるごとにバカにされる。


「しっかりしてそうなんだけど、時々すごく抜けてて、大丈夫かと不安になる子」(上司談)
「おバカな、いじられキャラ」(リーダ談)
あたりが、どうやら私の新しい会社での位置づけらしい(−−;
完全には否定しきれないのが、くやしいところだけど、
前の会社を辞めるときに、みんなにもらった色紙やメールの内容を総合すると、
どうやら私の武器は「笑顔と元気」らしいので、(あれ?もっと他には??)
それを旗印に頑張る所存です。


そんな感じに、いつのまにやら、すっかり新しい場所にも馴染み、


9月5日〜10日 北海道。モンキー一人旅。


行きのフェリー乗り場でバイクの鍵をなくしかけて、あわやスタート地点でジ・エンドになりかけたことと、
急坂で時速ほぼ0kmでバイクでこけて、膝小僧を盛大にすりむいた他には、
カバンを落とすことも、財布を店に忘れることも、JAFのお世話になることもない、
比較的、おだやかな旅でした。


そして、北海道から帰還して



気づいたら年末になっていた( ̄〜 ̄;


北海道から帰ってきて、一度もモンキーに乗れてない。
仮設リンクで再開したスケートだけは辛うじて行ってるけど、
会社からリンクに行って、滑り終えたらまた会社に戻るという。。。


なんかもう本当に、息をつく暇もなく、
気づいたら年末。
そうして、始発電車に乗って帰宅する大晦日へと繋がるわけです。


「120%の力で走りたい」
と言って転職したのだけど、あれ、なんか、120%超えてるよーな・・・?
・・・まぁ、いいか。




そんな感じに、振り返ると、なんか本当にすごい勢いで駆け抜けた一年だったなぁ…。
これまでの34年の人生の中で、一番濃密な一年だったんじゃなかろーか。


一年前の今頃は、今の状況をまったく予想もしていなかったのに、
勢いにまかせて、がむしゃらに走り抜けて、
気づいたら、一年前とはまったく違う景色が今、目の前に広がっている。


年初に書いた書き初めの通りに、
道を切り拓いた、
そんな2014年でした。


新しい年の書き初めは何にしよう?