読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション定時総会

本日の午前、マンションの定時総会がありました。


定時総会。
いったい、どんなもんだろう??
と思いながら、初参加。

築16年のマンションで、新築時からの住人が多いらしく、
参加者の年齢層は高め。
序盤は、今年度の収支決算報告が管理会社の方から行われて、
参加者からもさしたる質問とかもなく、
淡々と進んでいく。
このあたりは、前の会社の労働組合の定期総会と同じ感じだなー、と思いながら、
ふんふん、と資料見ながら私もうなずく。


その後、次年度の予算案へと移り、
玄関扉の経年劣化したヒンジを取り換えるかどうかの話あたりから、
参加者の発言が徐々に増え始め、
そして、火災保険の更新に伴って、新しい契約に地震保険を組み込むかどうかのあたりで、
盛り上がりを見せていく。
(日本人は地震の話になると、舌が滑らかになる)


うちのマンションはSRC構造だけど、免震構造との違いはどんなだ、
というような話になり。
それに対して、管理会社の人ではなく、なぜか住人の一人が主に説明しつつ、
それを聞いた別の住人が、
「じゃあ、向かいに新しく建ったマンションは免震構造だから、
 地震が来たら。向かいのマンションに逃げましょう」
と言い、
「でもあのマンション、なんかパッとしないわよね」
「そうそう、なんか出来たときから、ずっとパッとしないわよね。なんでしかしらね」
バイク置場もずっとガラガラだしねぇ」
なんて会話になり。


そして、次年度の役員選出も終わり、そろそろ閉会というところで、
「あ、最後に、そろそろ除雪道具を購入しようと思うんですが、
 何本くらい買いましょうか?」
と管理会社の人が軽く質問すると、
「スコップ? 管理室に置くのよね? あ、管理室といえば、掃除の人なんだけど・・・」
と、清掃に来ている人の話題が始まる。


「上の階の掃除をしてもらっているときに、
 入口の扉が開放されているのが不安なんだけど・・・」
「いや、あれは、最初にエントランスを掃除してるから、開け放して乾燥させているんだよ」
「あ、そうなの。でもちょっと不安よねぇ」
「清掃の人間が2人いればいいんだろうけど、そうもいかないしねぇ」
「じゃあ、俺が1階で見張ってようか?」
と、朝、マンションの入口付近でよくお会いする年配の男性が提案したり。


1カ月に一度の定期点検清掃のやり方が人によって違う、
高圧洗浄であーやってこーやるけど、その後云々・・・、
という細かな話が始まったり、
この前まで来てくれていた清掃の人は、色々してくれて良かったけれど、
腰を痛めてやめてしまったんだよね、
なんて話になったり。
(なんでそんなことまで、みんな知ってるの)


そうして、ひとしきり盛り上がっているところで、
「あの・・・それで、スコップは何本にしましょう?」
と管理会社の人が遠慮がちに言う。



そんな感じに、なかなかに面白かったですヽ(´▽`)ノ