読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萩の夜

10月下旬、
ひさしぶりにモンキーでの長期旅行に行ってきました。


バイクのライトが途中で切れたり、すさまじい大雨にやられたり、
台風で帰りの船が欠航したり、、、と、
かつてないほどにアクシデント多発な今回の旅でしたが(^−^;
一番印象深かったのは、萩の夜かなぁ。


旅行6日目。
朝、鳥取県の美保関を出発し、途中で出雲大社に立ち寄りつつ、
山陰道をひた走り、その日の宿泊地である萩に到着したのは22時半。


ホテルで夕飯を食べる予定だったのだけど、
夕食の時間が終わってしまったため、街で食事することに。


さらに、持ってきた服の都合で、どうしてもその晩のうちに、
コインランドリーで洗濯をしなければならず、
でもって、ホテルの浴場が23時までとのこと。


ホテルの部屋で、う〜む、と考える。


コインランドリーに洗濯物を突っ込んで、
洗濯機が回っている間に食事をして、
その後、洗濯物を回収して、
ホテルに戻ってきて、風呂に駆け込んで……。


うん、ぎりぎり間に合うはずっ p(−−
頭の中で算段をつけて、モンキーで街中へ。


そして、予定通り、
コインランドリーに洗濯物を突っ込み、
目星をつけていた居酒屋へ。


カウンターに案内され、しばらくの間、
周りの常連さんとマスターの会話を聞きながら、
一人黙々と食事をしていたのだけど、
少ししたところで、隣りに座っていた常連さんの女性に話しかけられた。


「旅行ですか?萩、良い所でしょー?」
「まだ、さっき着いたばかりなんで、観光は明日なんですよー」
そんな感じで話し始めた。


そのうちに、女性の連れの男性や店のマスターも会話に加わり、
常連さん「どこ泊まってるの?○○ホテル?あそこ高いだろ〜。
     俺、倉庫用に借りてる家があるから、そこに泊まってもいいぞ( ̄▽ ̄」
私「えー(笑) でも、もう支払い済んでるんで……」
マスター「萩は食べ物うまいだろー。……ん?なんだ、全然、萩っぽいもん食べてないな( ̄〜 ̄;」
私「あ、ちょっと海鮮に食傷気味だったので( ̄▽ ̄;」


そんな感じに会話も弾んでいき、
そのうち、ここまでモンキーで来たことを話すと、
えーーーーっと驚かれた。
「ちょっと、聞いたか?この子、モンキーで横浜からここまで来たんだってよ!」
別の常連さんにまで話の輪が広がり、
「本当にモンキー停まってた(笑)」
トイレに立ったものと思った人が、外にモンキーを見に行っていたらしく、
そう言いながら戻ってきたり。


常連さんA「いやぁ、よく来たねー。ほら、飲みな、飲みな」
私「いや、私、モンキーに乗ってホテルに帰らないといけないので……(^-^;」
常連さんB「そんなの、今日、ここに置いていって、明日、取りにくればいいよ」
私「いや、でも外に置きっぱなしにしてくのは心配で……」
常連さんB「萩には、そんな悪さする奴いないから大丈夫だよ。心配なら、店の倉庫に入れてけばいいよ。な、マスター?」
マスター「あぁ、シャッターの鍵は開いてるから、明日の朝、勝手に開けていいよ」
私「え、でも……あ、私、コインランドリーに洗濯物取りに行かないといけないんですよ」
常連さんB「俺たち、代行タクシーで帰るから、コインランドリー経由してホテルまで送ってくよ」
私「いや、でも、洗濯物を取り出して、乾燥機に10分かけないといけなくて……」
常連さんB「じゃあ、今行って、乾燥機にかけてくればいいよ。あいつにコインランドリーまで連れてってもらえばいいよ、な、マスター、いいよな?」
(と言って、若い店員さんを指し示す)
マスター「あぁ、今、店混んでないからいいよ」
私「いやいやいや、いくら何でも……(^^;」
店員さん「別に構いませんよー(^^)」
常連さんC「おーい、モンキー、中に入れといたぞー」
私「えぇぇぇっ!!( ̄▽ ̄;;」


時計を見ると、既に23時近く。
ホテルの風呂には間に合わないこと確定。
…………ま、いっか。
「んじゃあ、お言葉に甘えてっ/( ̄▽ ̄;)」


そんなわけで。


店員さんにコインランドリーに送ってもらって、洗濯物を乾燥機に突っ込み、
再びお店に戻って、
常連さんやマスターにお酒や萩ならではの料理をたっぷりご馳走になって、
最後は代行タクシーでコインランドリーに洗濯物を回収しにいって、
ホテルまで送ってもらいました。


今まで、色々行ってきたけど、
こんな事態は初めてでした。
いやぁ、萩、すごいとこだ。


ちなみに。
翌日の夜に行った海鮮居酒屋では、そこの女将さんが
「雨も降ってるし、もう遅いし、送るわよー」
と言って、ホテルまで車で送ってくれました。
いやぁ、萩、本当にすごいとこだ。



「萩の何がいいんですか?」
常連さんと話し始めたあたりで、そんなことを聞いてみていた。
そんな私の問いに対して、
「う〜ん、そうだなぁ……人? ゆるーくて、ずけずけしてて、あったかいの」
そう常連さんは返してくれましたが、
まさに、その通りの場所でした(笑)