読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして父になる

映画

前日にチケットを買っておいて、
休日の朝一番の回の映画を観るのが最近のお気に入り。


というわけで、連休最終日の本日、
映画「そして父になる」を観てきました。


う〜ん、慶多くん、かわいい。
あんな父親父親として慕ってくれるのは、
あの子くらいだろうねぇ。
私に、あの気詰まりな家はムリだわー。


最後のエンドロール見てたら、実際の名前も慶多くんなのだね。



映画を観ていて、というか、この映画のあらすじを知った頃から、
昔、TVで観た「少女キンバリーの選択」というアメリカのドラマを思い出す。
こちらも取り違え子の話で、
片方が裕福な家の一人っ子で、
片方がそんなに裕福でない兄弟いっぱいの家の子、
ていう設定は今回の映画と同じ。


ただ、大きく違うのは、
片方の子供(兄弟多い方の家)が病気で死んでしまっていること。
「もう片方が亡くなっているのが、厳しいよねぇ……」
なんて言いながら、家族と観ていた。
交換云々とかじゃなく、もう、奪い合いだからねぇ……。


最後に、裕福な家の方のお父さんが、
奥さんの墓前に語りかけるシーンがあるのだけど、
(片方の家が片親なのも、今回の映画とは違う)
これが涙なしに見れないのです。
今、台詞を書いてみたのだけど、なんか文字にすると陳腐になってしまって、駄目だな。
うーん、もう一度、観てみたいなぁ。