読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スケート発表会

先々週末はスケートの発表会でした。


ボランティアスタッフの方々のおかげで、
去年から始まった発表会。


普段は大人数のサンデー教室だけなのだけど、
この3ヶ月ほどは、先生にお願いして、
プログラム作ってもらって練習してたので、
土日はずっとリンク通い。


勝手がわからず、発表会の1ヶ月前に先生に頼んだ去年に比べて、(←大馬鹿)
今年は余裕たっぷりだろう、
と思っていたのだけど、
「な、なんとか最後まで出来上がりましたね/( ̄∇ ̄;」
そう先生が、安堵したのは発表会の2週間前。
毎度毎度、すみません……(^-^;


ちなみに、発表会のプログラムは、
先生に、「この曲で……(/_ _)/」てCDを渡して、
一通り聴き終わると、
「わかりました。じゃあ、ちょっと滑っててください」
て言われて、滑ってると、CDプレイヤーの前で先生が色々踊ってて、
しばらくすると、先生が来て、
「お待たせしました。じゃあ、この曲のこの部分からいきましょう」
て言って、踊ってみせてくれて、それを真似て……
という形で作り上げていきます。
(先生によって違うかもしれないけど)


何度かやって、うまくできない時も、優しい先生は決してイラついたりせず、
「……(^-^;) おーけー。じゃあ、こうしましょう(ノ^^)ノ」
と言って、レベルダウンしたものに変更してくれます。
ただ、
(あぁぁ、もうちょっと頑張るのに……(ToT))
と、内心、ちょぴっと悲しかったりもします。


今年は2回目ということもあり、勝手もわかってきたので、
最初に曲を聴きながら、
「面白い曲ですねー。ここ、ジャニーズっぽいですねー。
 あ、EXILEっぽくなりましたねー」
「そうですか〜(笑)」
EXILEのとこ、ステップですかねー」
「あ、私もそこ、ステップだろうなと思ってましたー」
「じゃあ、EXILEのところから作っていきますか」
「お願いしまーす」
なんて会話もしつつ。


ちなみに、先生曰わく、ジャニーズっぽくなったり、
EXILEっぽくなったりする今年の曲は、
友人の作曲した「きらきら星」です。
以下のページからダウンロードできます。
(使わせてくれてありがとうo(^-^)o>Ciel)
http://sound.jp/ciel/


そんなこんなで発表会に向けて、練習が続き、
9月に入ると、いよいよラストスパート。


9/7(土)→先生レッスン
9/8(日)→朝、サンデー教室。一回帰宅して、夜、貸切練習。
9/13(金)→朝、貸切練習。(午前半休して10時半まで滑って、その後、会社)
9/14(土)→最後の先生レッスン
9/15(日)→朝、サンデー教室。
9/16(月)→発表会当日


そして、家に帰ると、チクチクと衣装作り。


9月は、仕事以外の時間は、ひたすら、
リンクで滑ってるか、ユザワヤで衣装の材料を買ってるか、
家で苦戦しながら衣装作ってるか、バテて昼寝してるか、
のどれかだった気がする(^-^;


発表会当日は、折りしも台風上陸!
な日ではあったけれども、昼過ぎには雨もやんでくれて。
衣装も、家を出る1時間前ではあったけれども、無事完成し。
(台風情報をチェックしつつ、ミシンを猛ダッシュでかける午前中でした( ̄∇ ̄;)




衣装は既成のキャミソールに、光沢感のある布とスワロフスキーをくっつけました。



下は、練習着のスカートの裾にレースとスワロフスキーをくっつけました。


16時開演。
最初にアイスダンスの人達の演技があって、
そのあとにシングル。
で、今回、シングルのトップバッターでした(◎-◎;)


当日のタイムテーブルもらった時、


6分間練習の後、靴ひも締め直したくなったらどうするんだ!?
入場と退場のポーズ、前の人を参考にできないじゃん!?


と、焦りまくり。
仕方ないので、家で、世界フィギュアのビデオ見て予習してたら、
真央ちゃんが、コール後に、演技スタート地点に向かって滑りながら
靴ひも結び直してるのを発見して、びっくりした(゚〇゚;)
私に、あれはできません。。。


最後の先生とのレッスンでも、
「トップバッターって、6分間フルに練習してていいんですか!?(+_+)」
「1分前くらいになったら、リンクサイドに寄って、
 準備運動した方がいいですね」
「1分……どうやって計ったらいいですかね??(>_<)」
「1分前です、てアナウンスされるから大丈夫ですよ。僕も呼びますから(^-^;」
な感じに綿密に打ち合わせをし。


で、迎えた本番の6分間練習の残り1分。
「じゃあ、軽く屈伸でもして。テレビで、選手がやってるみたいに」
「あぁ、なるほど、やってますね」いち、に、さん、し
「緊張してますか?」
「…… (゜゜;)(。_。;) (゜゜;)(。_。;) (そりゃあ、もう)」
「お友達来てるんですっけ?見えます?」
「(見上げかけて)……す、すみません、見たら余計緊張しそうで見れませんっ(>_<)」
「えーと、じゃあ、そうですね……オリンピックの舞台だと思って楽しんで……あ、余計緊張しますかね?」
「はい……(゚∀゚;)」


ちなみに先生、その後、別の生徒さんには
NHK杯の舞台と思って……」
と声をかけていた。
緊張しないように、先生なりにレベルを下げてみたんだろーか。


そんな会話を先生と交わしつつ、「楽しんできてください」の声に送られて、
いざ本番。


途中、サルコウジャンプに入る手前で、
(……ま、待て、自分。い、位置が違うぞ! 今いるべき場所はここじゃないぞ…… ( ̄∇ ̄;
 し、しまった!進む方向間違えた!!)
練習中にもよくやってしまった間違いをしでかしたことに気づき、
(え、えっと……中華料理屋はあっちにあるから……よ、よし、なんとか補正のできる範囲っ)
と胸をなで下ろしたけれど、その後のサルコウジャンプ失敗したorz


ただ、そのあとは、大きな間違いはせず、
なんとか無事、終了。


練習の時はいつも終わるたびに苦笑していた先生も、
「良かったですよ!」
と、笑顔で迎えてくれ。
サルコウ跳ぶ前に場所間違えたの気付いてー(>_<)」
「いやいや、大きなミスはなかったですし、
 何より今までで一番、笑顔で良かったですよ」
と言ってもらえ。


練習中もたびたび、笑顔で!と言われていたのだけど、
今年の曲、去年よりもテンポが速くて、
(笑顔になれる余裕がない……ど、どうしよう……
 ここのタイミングなら少し余裕もあるか?いや、こっちのタイミングか??)
なんて、どこで笑顔になれるかの計算をしてたりしたのだけど、
実際、本番になったら、自然と笑顔になれました。
失敗に気づいたタイミングだけは硬直したけど。
やっぱね、2分間、完全にリンクを独り占めできるのは楽しいもんね(*´▽`*)


そうして、
「お疲れさまでした!」
「ありがとうございました!」
と先生と握手して、今年の発表会も終わりました。
忙しかったけど、終わっちゃうと、やっぱり寂しいね(´~`*)


結果は、同グループ15人中5位で、
加えて、敢闘賞の楯もいただきました。
思いのほか、上位でびっくり。
他の人の名前を聞き間違えてたらどうしよう……(汗
と、賞状に書かれた名前を確認するまで、どぎまぎしてた。


また、次回に向けてがんばるぞ。
(と、思いつつ、喉元過ぎると熱さを忘れるいつもなのだけど(笑))