読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロシアンチョコのお返し

去る先月のバレンタインデー。
ロシアンルーレットチョコレートを200個作り、
会社中に配り歩いた私ですが。
(詳細はコレ→2012-02-26 - Sato’s Diary


この間のホワイトデー、
たくさんの方々から、丁寧なお返しをいただきました。



こんなにたくさんのお返しをもらったのは、
初めてです。


朝、出社すると、
一緒に働いているチームの人達から、
お返しをいただき。


その後、メールチェックをしていると、
内線が鳴って、出ると知り合いの先輩で、
「今、ちょっと出てこれる?」
と呼び出され、
(私の部署はセキュリティが厳しいので関係者以外立ち入り禁止)
それで部屋の外に出て行くと、
「うちのシマのメンバーからお返しです」
と、お返しをいただき。


その後、席に戻ると、
今度は別チームの人から、
またまたお返しをいただき。


その後も、色々な方々からいただきました。


ロシアンチョコは、会社中に配り歩いたので、
正直、名前も顔もよくわからない人達もいて、
それで、たぶん、相手も私の名前や顔はよく覚えていないと思うのだけど、
給湯室でお茶を入れていたら、
男の人が顔を覗かせて、
「あの・・・チョコ、いただきましたよね?」
と言って、クッキーを手渡してくれて。


他にも、
何となく顔は知っているけれど、名前は知らない、
というような人とか、
私は知っているけれど、向こうは私のこと知らないだろう、
ていうような課長さんからも、
お返しをいただいて。


なんていうか・・・
居場所を見つけられるかどうかも怪しい人間のために、
お返しを準備してきてくれて、
そして、私を見つけ出して、お返しを渡してくれて、
なんか、すごく嬉しかった。


あんな小さなアルミカップ1個。
そして中に入っていたのは、辛子とか味噌とかetc
それなのに、こんなに丁寧に返してもらちゃって、
いいのか、私?(汗)


このお礼はね。
やっぱり、アレよね。
来年のバレンタインデー。


今年の5倍くらいの辛さのチョコを作ってくることで、
返させていただきます! p( ̄▽ ̄