読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉じゃが問題

週末に肉じゃがを作って、ふと思う。


其の壱。
『どうしたら煮崩れせず、味もよくしみた状態にできるのだろう?』


煮崩れする前に火を止めると、イマイチ、味のしみきっていないものになるし、
かといって、味をしみわたらせるほどに、ぐっつりことこと煮込むと、
じゃがいもが煮崩れする。


今週末に作った肉じゃがに至っては、
男爵いもがなかったので、北あかりで作ったら、
煮崩れを通り越して、溶けた。
なんだ、これは!?グルテンの海か!?
みたいな感じだった。
代わりに、かろうじて残った固形部分への味のしみこみは充分だったけどね。


う〜む。どうしたらいいんだろう?


そんなことを本日、会社で同僚と話す。


「そういえば、おでん屋のじゃがいもは煮崩れしないよね。なんでだろ?」
メークインなんじゃない?」
「そっかぁ、やっぱメークインかぁ」」
「でも、メークインで作る肉じゃがって、私はイマイチ」
「そうだよねぇ、やっぱ肉じゃがって言ったら、男爵だよね〜」


てなわけで、結局、結論は出ず。


其の弐。
『肉じゃがは主菜か副菜か』


食卓に、肉じゃがと他に小鉢物のおかず2品を並べたところで思ったんです。
「焼き魚が欲しい・・・」


でも、肉じゃがには、既にしっかりと牛肉が入っているわけです。
牛肉が既にあるのに、そこに魚を加えるのか?
1回の食事に肉と魚をチャンポンさせるのは、いかがなものか?


食事といえば、
ご飯+お味噌汁+主菜+副菜x2
が基本形だろう。
そして、主菜といえば、肉や魚。
てことは、牛肉の入った肉じゃがは、主菜のはず。
でも、食卓に並べると、なーんか、主菜!て感じがしない。
食卓の中央よりも、ちょっと脇に置くのが、似合う代物だよね。
でもって、中央には、ほっけとかがね、欲しいよなぁ〜。


うーん。しかし、1つの食卓に肉と魚を並べるには、
お財布的に、なかなか抵抗のあるもので。
肉じゃが。
もしもこれを副菜とするならば、
こいつはなかなか豪華な副菜ですな。


でもさ。
同じ材料で、炒めて黒酢あんで絡めれば、立派な主菜。
カレーのルーで煮込んでも、立派な主菜。
なんで、醤油で煮込んだだけで、
主菜っぽさがなくなってしまうんでしょうねぇ。。。


てなわけで、こちらも結局、結論の出ないまま。
(ま、どーでもいいんだけどさ。)