読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocco「エメラルド」Tour 2010

昨夜、Coccoのライヴに行ってきました(*⌒O⌒*)
3年ぶりのツアー。
今回は、いつもの武道館ではなく、ライヴハウスZeppTokyoでした。


ZeppTokyo。名前はよくラジオで聞いていたけど、
どこにあるのかは知らなかった。
で、調べてみると、お台場のヴィーナスフォート
会社から徒歩10分(^^;
こんなとこに、ライヴハウスがあったとは。


さて、今回の席は、1階立見席。
チケットは1階立見席か、2階指定席の2種類で、
いつも、
武道館のアリーナ席いいなぁ、
Coccoの表情がじかにわかる席いいよなぁ、
と思っていたので、1階立見席を申し込んだところ、
見事、プレリザーブで当たるv


でも、行ってみると、整理番号順の入場で、私のチケットの番号1456。
う〜、ほとんど人の頭で見えないような位置かなぁ・・・(T_T)
と、ちょっと凹む。


全部で2000人くらい?2000人ってどんなだ?
高校が1クラス40人×11クラス×3学年で約1300人だったから、これの1.5倍。
で、ZeppTokyoの大きさが見た感じ高校の講堂の2倍あるかないかくらい?
てことは、意外に見えたりする?いや、厳しい?うーん・・・。
なんてことを、自分の入場順が来るまで悶々と考える。


が、中に入ってみると、
意外に比較的前の方も余裕がある!


そんなわけで、初めて、Coccoの表情が見える位置での
ライヴでした\(^O^)/


19時過ぎ。Cocco登場。
ニライカナイで始まる。
その後、次から次へと歌いつづける。
Coccoのライヴ、MCが少ないのはいつものことだけど、
今回、あまりにずっと歌い続けるCocco



もしかして、このままひたすら最後まで歌い続ける気!?( ̄口 ̄;
一抹の不安がよぎる。
同じ不安を抱いたのは、たぶん、私だけじゃぁないはず。
Coccoなら、やりかねん。


あんまりにばんばん歌いつづける姿は、
どこか生き急いでいるようにも見えて、ちょっとハラハラもして。


でも、6曲か7曲かそれ以上歌ったところで、
一呼吸おいて、
「おひさしぶりです、Coccoです」
と言われて、ほっ。


まぁその後、
「3年ぶりのツアーです」
「歌います」
とだけ言って、再び歌い始めたわけだけど(笑)


その後は、ちょくちょく休憩しつつ、進行。


でも、いつにも増して、本当にMCの少ないライヴでした。
メンバー紹介も他のメンバーに任せてるし(笑)


歌うことに全精力を傾けてるんだろうなぁ。


だって、今回、いったい何曲うたった!?
アルバム『エメラルド』の曲、全部うたってない!?
加えて、昔の曲も
「首。」「強くはかない者たち」「カウントダウン」
「樹海の糸」「焼け野が原」「眠りの森の王子様」
と歌っているわけだから、
しめて20曲!?
ひぃー。
マヤ、恐ろしい子!!Σ( ̄ロ ̄lll)


そして。
全てが終わって、明るくなって、流れるアナウンス。
「これにて『Cocco 60分 Special Live』は終わりです」



え。60分?
・・・んな馬鹿なっ!


時計を確認すると、21時。
19時過ぎに始まったから、2時間弱。
うん、いくらなんでも、それくらいはいってるはずだ。


でも、チケットを確認すると、
Cocco 60分 Special Live』
って、やっぱり書いてある。


そういえば確かに、
「あぁ、今回はCoccoの体調が戻ってないから、
 短めでやるんだなぁ、だから武道館じゃないんだなぁ」
とか思ってたよ、私。


やっぱ、2時間いける!
て思って、やることにしたんだろうなぁ。


ありがとう、Cocco
でも、ぶっ倒れてないことを祈りますm(_ _;)m