読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い出のテープレコーダー

何となく身軽になりたくて、
部屋の片付けをしている今日この頃。


本日、廃棄を決めた品↓

テープレコーダー。


カセットテープというものが、そもそも
あまりに懐かしいのだけど。
このレコーダーには、格別の思い出があります。
たぶん、高校時代の友人は「あぁっ!」ていうと思ふ。


高1の時、世界史のO先生と出会い、私は世界史大好きになりました。
んが、高2の時、運命はかくも無情に私とO先生を引き離し、
私のクラスの現代史担当はO先生ではなくなりました(涙)
引き続きO先生が現代史担当になった別クラスの友人を
恨めしく見ておりました。
失意の私。
でも、執念の私。


考え抜いた末、友人クラスの教壇の中に、
現代史の時間にテープレコーダーを仕込みました(爆)
友人のクラスが現代史の授業になる直前の休み時間、
毎回毎回、友人に会いに行くのを口実に遊びに行っては
教壇の中にレコーダーを仕込み、
授業後の休み時間に回収に行くという。。。(←ばか)


そうして録音したテープをどうするのかというと、
早朝に自宅の自分の部屋でイヤホンをつけてこっそり聞いて、
さながらO先生の授業を受けているかのように、
ノートを取っておりました。
・・・そう、あの頃の私は、
自分のクラスの現代史のノートと、
O先生の現代史のノートの2種類を持っていた。(←大ばか)


そんな私を、友人諸氏は、
「ストーカー・・・」
などと呼ばわっておりましたがね( ̄ー ̄;


・・・懐かしい思い出です。
もう10年以上も昔のことなんですね。
あの頃に比べると私も、人として、
なんか落ち着いたよなぁ・・・(−.−


なんて、
テープレコーダーを眺めながら、
しみじみ思い入る今日この頃です。