読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謹賀新年&箱根駅伝

satoko_szk2010-01-03
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


31日の夜から昨夜までは、実家でのんびりダラダラ過ごしてました。
とりあえず、父に9子置きで囲碁に勝つ、という今回の帰省の
一番の目的は果たしました。
(その後、8子置きで負けたけど)


で、本日。
箱根駅伝の復路でした。



母校が41年ぶりにシード権を獲得しました!(^▽^)
去年、33年ぶりに箱根駅伝への出場を果たし、
今年、シード権を獲得。
すごいです。
やっぱ、母校が走っているっていうのは、
応援にも力が入ります。


ちなみに、本日の復路は、沿道に並んで観戦してました。
引っ越して若干遠くはなったのだけど、
家のそばが鶴見中継所なので、一昨年から復路はいつも沿道で観戦。


今年はワンセグと一眼カメラを抱えての観戦です。
非TVっ子な私はワンセグを滅多に使わないのだけど、
今日は本当にお役立ちでした。
沿道での観戦を終えた後は、川崎のミスドで昼食を食べながら、
選手みんながゴールするまで、ずっとワンセグとにらめっこ。
選手がゴールするたびに、小さく拍手。
そばに座っていたカップルも、選手がゴールするタイミングで
なんか賑やかになってたので、きっと彼らもワンセグで観戦していたのでしょう。


今年は、東洋大、ぶっちぎりでしたね。
東洋大の選手が過ぎてから、次の選手が現れるまで、
かなりの時間がありました。
その後は、比較的、短い間隔で選手たちは現れたけど。


そして亜細亜大。
「あと1分だって」
そんな声が、ワンセグ片手にした沿道の人々から洩れ出す。
間に合ってほしいね、とみんな祈る思いで沿道を見守る。
あと20秒を切ったところで、選手の姿が。
みんな、がんばれー、って声援。
だけど、私たちの目の前を通り過ぎたところで、
繰上げスタートの報せ(T_T)


あと、もうほんのちょっとだったのに。
中継所の歩道橋、目の前だよ?
あぁ・・・って、沿道中に落胆のため息。


帰り道、中継所の前を通り過ぎたとき、
ゴール直後の選手たちの仮休憩所のガソリンスタンドで、
泣き崩れる船村選手の姿が。


胸が痛かったです。


やっぱ、襷って重たいね。


走り終えた選手のみなさま、
本当にお疲れ様でしたm(_ _)m