読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんちゃん&いけださんWedding☆

satoko_szk2009-09-24
さてはて。
火曜日は、かんちゃんといけださんの結婚式でした(*^O^*)


場所は飯綱町の素敵な高原のチャペル&レストラン。



かんちゃんの花嫁姿、とっても可愛かったです
いけださんからかんちゃんへの
「結婚してくれて ありがとう」
の言葉が、なんかとっても良かった(*^^*)


ほのぼのした、とても良い時間でした☆


んが、ね。


私のテーブルがね。
K田氏とI君と私、というメンツだったわけですが。
スタッフの人がビデオカメラを持って
新郎新婦への一言メッセージを撮りにきたのを皮切りに
もうひどかったわけですよ(−−;


「(かんちゃんの)父親代わりのワシに(※本人の思い込みです)挨拶もなしに一緒に暮らすなんぞ、けしからん!」
とK田氏が憤慨し、
「俺、あの2人と三角関係だったんですよ(※本人の思い込みです)失恋ですよ!」
とI君が妄言を吐き、
「あいつらはわかってないが、あの二人を結びつけたのはワシだぞ!
 あいつらと一緒にドライブしたりだな、上林温泉の企画を立てたりだな。。。
(※その時、既に二人は付き合ってまして、どっちかっていうと二人の邪魔を・・・もごもご)」
とK田氏が叫び、
「俺、2人のこと、本当に好きだったのに。。。二重で失恋の気分だ。。。
 あぁ、もう、ヤケ酒ですよ!!」
とI君がのたまい、シャンパンやらワインやらを2人はどんどんかっこんでいく。


やがて、
「あのウェイトレスのお姉ちゃん、美人だな・・・。おい、Iっ、あのお姉ちゃんを呼べっ」
とK田氏がささやき、
シャンパンのおかわりと称してI君がお姉さんを呼び、
「出身どちらですか?・・・え?東京!?」
とか質問し始め、
・・・ぉぃ。
キミタチ、今、ココハ披露宴会場デスヨ?(−−メ;
隣の席、かんちゃんのご親族席ですよ?


そうして、
K田氏がシャンパングラスを2回倒したところで(汗)
ウェイトレスのお姉さん、にっこり笑って、
水をなみなみ注いだグラスを2つ、
トンっとテーブルの上に置いていく。
・・・・・あぁぁ、本当に、すいませんっ(_ _;;
だけども、
「あ、シャンパンおかわりお願いします」
しれっとのたまうI君。
・・・いーかげんにせんかいっ\(-_-メ;


・・・まぁ、そんな感じに時間は過ぎて行き、
挙式が始まったのが11時半だったと思うのだけど、
気づけば17時。
長かったような、あっという間だったような、
んでも、満ち足りた一日でした。