読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドトラック

篤姫

吉俣良さんのサントラBest盤、
気になって、買っちゃいました。

B002AJW3WMBest Soundtracks~篤姫BEST and more~
吉俣良
ポニーキャニオン 2009-08-05

by G-Tools

篤姫のサウンドトラックとどっちにしようかな、と迷ったのだけど
このBest盤にも結構、篤姫の音楽が収録されていたので、
こっちにしました。


CD2枚+DVD1枚。
Disc1には、篤姫の曲、Disc2にはその他のドラマの曲が収録。
DVDはまだ観てないのでよくわかんないや。


帰宅後、速攻、Disc1をかける。
ジャーン♪と、オープニングの曲が流れ始める。
いいね、いいね〜、と聴きながら夕飯の準備を始める。


そうして、2曲目、3曲目と続く。


音楽を聴いても、「あぁ聴いたことあるな」てくらいで、
どこのシーンで流れていた曲かは、そんなにはっきりとは思い出せないだろうなぁ
と思っていたのだけど、
うわー、なんか、バンッと映像が脳裏に浮かんでくるよ。


めくるめく走馬灯のように、
だーーーっとシーンが脳裏に浮かぶ。


夕食の支度をしながら、ひとり、
「お、於一どのっ」
尚五郎になってみたり、
「私は今日、ある人の誇りを傷つけてしまいました・・・」
篤姫になってみたり、
「西郷よ・・・」
斉彬になってみたり、
「このお守りが尚五郎さんを、お守りしますように」
再び篤姫になってみたり、
「幾島にございます(ドカンッ、ピシャーンッ)」
転じて、幾島になってみたり、
「このたびは、薩摩の大久保正助として参りもうした」
果ては、大久保さんになってみたりして、
超テンション高く、ひとり芝居をしておりました。
えぇ、もちろん肉声で(馬鹿)


が、そんなテンションもやがて、
ずびっ・・・ずびーーっと、
涙(;_;)に変わっておりました。


大切な人の亡くなるシーンが浮かび、
篤姫桜島に別れを告げるシーンが浮かび、
西日の差す切ない数々のシーンが浮かび、
やばい・・・切ない・・・/(>_<,)


・・・また、篤姫、見返そうかなぁ(−o−
どこか特定の巻じゃなくて、最初から。


なんかさ、
後半の切ないシーンを見返すのは、ちょっと辛くて、
でも、かといって、
最初の頃の明るい話だけを見返すのも、
何か違うなぁ、と思えて。


「全て」で篤姫なんだよね。
明るさも悲しさも、
暖かさも切なさも、
全部集まって、『篤姫』という物語なんだよね。


ここまで、何度も何度も噛み締めるドラマは
ほんと、初めてです。