読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使い心地

W-ZERO3

03の設定も、ぼちぼち進み、
なんとなく使い方も掴めてきたので、使用感を。。。

  • 重さ・大きさ

やっぱ、軽いね〜。
こうして03を持ってみると、esってやっぱり、ごつくて重かったんだなぁ、と思う。
友人に
「なに、その携帯!?デカッ」
と言われるたび、
(そんなに大きいかなぁ(- -, ちょっと前の携帯だって、これくらいの大きさだったじゃんかー)
と、むくれてたんだけど、やっぱesはごつい機体だったのね。
まぁ、あの手にズシンとくる骨張った感じが愛しくもあるんだけどね〜。

  • キーボード

esと比べて、キーボード面積は小さくなったけれど、
数字キーその他が削られることで、ボタン1つあたりの面積は増え、
キーの触感もやわらかい感じになったので、
キー自体は打ちやすい。
ただ、キーの数が削られたことで、必然的に、ファンクションキーを押しながら
打たないとならない文字も増えて、やっぱりそこは不便。
数字は、ファンクションキーを押しながら打つか、パネルの数字キーを打つか、なんだけど、
どっちも、やっぱり感覚的にちゃちゃっと打つことができない。
まぁでも慣れれば、ファンクションキーを押しながらは、それなりに早く打てるようになるかな?

  • ソフトキー

ソフトキーがなくなり、ちょっと不便を感じていたのだけど、
まぁ、親指を画面に伸ばして画面のソフトキーを直接押せばいいんだよね。
画面に指紋が付くのは、ちょっと嫌だけど、まぁ仕方ない。

  • 漢字変換

漢字変換がATOKからケータイShoinに変わり、
入力自体は軽快になった。軽快になった原因はソフトではなくハード的な問題かもしれないけど。
ただ、まだ使い慣れず、入力に手間取る。
この間、友人から03になって初めてのメールが来て、ちゃちゃっと返事を書こうとしたのだけど、
「母子共々」の文字がどうにもうまく変換できず、「母子とも度も」とかになってしまい、
文節の区切りはどうやったら変更できるんだ??と、あれこれいじっていたら、
あやうく送信しかけ、うわわわ、ストーーップ!(汗)
と、まぁ、すんごい苦労した、ほんの2、3行のメールを送りたかっただけなのに。。。

スタイラスペンが内蔵式ではなく、ストラップとして付ける形に。
スリム化のための仕方ないことではあったとは思うんだけど、
やっぱりちょっと不便。
ストラップに引っ掛ける形なんだけど、これ、結構簡単にはずれる。
この間も鞄から取り出したら外れてて、この時は鞄の中を探したら見つかったけど、
そのうちいつか紛失する気がする。。。
別売りのスタイラスペンで良さ気なものを探すかなぁ。

PCで作成したデータを読み込んで編集して保存すると、ファイルサイズが3倍に膨らむ、
というesのときにあった不具合が解消。
代わりに、複数シートが存在した場合、保存時に使っていたシートが何であれ、
開くと先頭のシートが表示されてしまうという不具合(?)が発生。
私、Excelで家計簿をつけてて、これが「偶数月」「奇数月」「決算」の3シートで構成されているのだけど、
たとえば奇数月に奇数月のシートをいじっていても、再度開くと偶数月が開かれるので、
毎回シートを変更しなくちゃならないので、不便。
月が変わるたびに、シートの順序を変更しろってことですか?

Bluetooth対応になり、Bluetooth経由でActiveSyncが行えるようになったのが嬉しい。
USB接続よりもデータの転送にはもたつくけど、
いちいちケーブル接続する手間がないので、以前よりも気軽に同期を取れる。

基本的にほとんどTVを見ない人間なので、ワンセグってあんまり興味なかった。
家の中でもTVを付けっぱなしにして、家の外でも携帯でTV見て、
どんだけTV浸けなんだ、日本人。
って思ってたんだけど。
でも、この間、夜に定食屋で料理が来るまでの暇つぶしに、試しにニュース番組を付けて眺めてたら
意外に楽しかった。
最近の番組ってドラマ以外は、ほとんど字幕が付いているから音無しでも内容がわかるし。
アンテナの感度が良ければ、ほとんどコマ落ちもないし。最近の技術ってすごいね。
そうだ。これで、来年の箱根駅伝ワンセグをチェックしながら沿道で待機できるじゃん♪

  • 電話帳

名前を選択して、通話ボタンを押せば、すぐに電話をかけれるようになった点は良いんだけど、
名前の検索がいちいち検索画面を出してやらなければいけなくなってしまった点は×かなぁ。。。

  • メモリ

潤沢な資源ってやっぱ嬉しいものだね。esのときは、すぐメモリ不足に陥ってプログラムやメールを削除しなくちゃ
ならなくなったけど、03はSDカードをうまく併用して使っている限り、そのような問題には
悩まされずに済みそうです。
esの「限られた資源の中でいかに使いやすい環境を作るか」に頭を絞るのも楽しくはあったけどね。

  • メニュー

ネット上でも評判の悪いメニュー画面。
たしかに、なんでこんなものを入れたのか、不思議。
スマートフォンに馴染みのない層を取り込もうとしたのだろうという説が有力だけど、
このメニュー画面を必要とするタイプの人間にとっては、
やっぱりスマートフォンは使い勝手の悪い代物で、おそらくすぐに他機種に乗り換えるように
思うのだけど。。。
せめて、メニュー項目を好き勝手に変更できるような機能でもあれば、
まだ使ったかもしれないんだけどねぇ・・・。
そんなわけで、MENUボタンに代わりに何のアプリを割り当てようか考えている最中です。

  • ネットワーク

esと比べて、格段に速くなりました。
今まで、簡単な検索をかけるのすら重たくて、
ブラウジングはほとんど行わずにいたけど、これなら普段使いできそうですv
ただ、Operaの使い勝手がどうにも悪くなって(− −;
デザインと使い勝手って反比例の関係にあるんですかねぇ・・・。



全体的にいって、
ハードウェア(ミドルウェア)◎、ソフトウェア△
て感じです。
でも、ソフトウェアは自分の好きなものを入れていけばいいだけの話なので、
土台となるハードウェアがしっかりしていれば無問題。