読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

が〜んっ

篤姫

篤姫の最終回、来週だと思っていたのだけど、
今日だったんですね。。。orz
最終回はオンエアで見ようと思っていたのに、
思いっきり逃しました(T_T)
ショック・・・。


さらにビデオは、
フィギュアグランプリのエキシビジョンが優先録画されてるので、
土曜日の再放送までお預けです。
ていうか、最近、観る時間がなくて、
先ほど、録りためていたうちの2話分を観終わって、
やっと龍馬が死んだところ(第44話『龍馬死すとも』)です。
最終回まで、あと6話。


しょうがないので、44話の感想。


篤姫、本当に本当に大好きなんだけど、
やーーーっぱり、なーーーんかっ
龍馬が最後の最後までイマイチだったのが
残念 ( ̄− ̄)


龍馬が出てくるたびに、
どうしても、龍馬が薄っぺらく感じてならなかったのは、
私だけでしょーか??
言葉が浮いてるっていうか。


西郷や大久保と違って、なんか最初から「すごい人」扱いで登場して、
でも、いきなり出てきた人に、観てる側は重みも面白みも感じないのに、
登場人物みんなが「すごい人」とか「面白い人」とか評してて、
それが違和感感じるというか。


本当の龍馬は、確かに、初対面の人とすぐに打ち解ける才能があったようだけど、
そこは、アレンジしても良かったんじゃないだろうか。
篤姫』って、西郷にしても大久保にしても帯刀にしても、
歴史上ではすごいといわれた人たちを、すごく人間くさい悩みを抱えた人たちとして描いてて、
それが良いなと思うのに、
龍馬だけ、そう、なんか人間くささがないんだよ。


う゛〜。
こんなことを思ってしまうのは、
配役のせいなのか、
脚本のせいなのか、
はたまた、私自身が
最終巻をスタバで号泣して読んでしまうくらいに『竜馬がゆく』が大好きで、
高知の桂浜の竜王岬に夕暮れに一人立って、
「この松を龍馬も見たに違いない・・・ふっ」
とか浸ってしまったりするくらいに、
龍馬に思い入れがあるせいなのか。。。


再来年の大河ドラマは龍馬らしいので、
そちらに期待・・・かな?
(でも、福山雅治は龍馬のイメージじゃないんだよなぁ。。。)


まぁ、そんなわけで、龍馬は私的にイマイチだったのだけど、
それ以外の部分は相変わらず面白くて良かったです。
最後のシーンの「大奥守る宣言」のとことか、テーブル叩いて
篤姫、すごーーーっ!ヾ(≧▽≦)ノ」
って爆笑しました。
なるほど。この回のタイトルは、
「龍馬死すとも、女は廃らず」ってことですね。


そんなわけで、
TVは最終話を迎えてしまいましたが、
私的次回は『母からの文』です。
ふっ、またもや泣けそうじゃあないですか・・・。