読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonのレビューが消された・・・

Amazonで某書籍に対して書いたブックレビューが
いつのまにか消されてました・・・(T_T)


最初、Amazonのシステム不具合かと思った。
たしかに、星1つの辛口コメントだったので、
著者やその書籍を評価する人にとっては、
愉快な内容ではなかったと思うけれど、
でも、あくまでその書籍の内容についてのレビューであり、
その範囲を超えた誹謗中傷では決してないし、
それなりに「このレビューは参考になった」の票も入ってたし。


色々、検索してみたら、
こういうケースはよくあるみたいです。


要は、

  1. Amazonの『報告する』に多数の投票があった場合、レビューの内容に関わらず削除される
  2. 『報告する』によって削除された場合、件数の記録には残る
    (星1つで投票したら、レビュー自体は消えても、星1つの件数としては残っている)

という仕組みみたいです。


・・・・・。
つまり、
“誰か”にとって気に入らないレビューがあって、
“誰か”がガーッと『報告する』ことによって、
“誰か”にとって気に入るレビューだけが残る、
という状態になっている書籍があるってことですよね??(^−^;


たぶん、Amazon側もこういうことを考慮して、
『報告する』による削除の場合には件数の記録を残しておいているのだと思うけど。


でも、
『記載されているレビュー件数と、実際に載っているレビュー件数が違うぞ。
 星1つ(あるいは星5つ)のレビューがやたら削除されてるぞ。
 ここのレビュー評価は全体的に信用できないな・・・』
なんて分析、普通しないよ。。。
私だって、今日まで、誹謗中傷以外のレビューが削除されるなんて
知らなかったし。


とりあえず、Amazonのこのあたりのシステムに改善が見られるまで、
ブックレビュー投稿は止めます。
それなりに考えて書いたレビューが消されるのは嫌だし、
たとえ自分のレビューが消されなくても、
自分と正反対の意見を書いた人のレビューが実は消されてたり、
とかも嫌だし。
一見、賛否両論載せています、と見える場が、実は
“誰か”の思惑によって操作された場で、
それに気付かない第3者がそれを鵜呑みにしてしまうこと、
そしてその思惑に自分のレビューが巻き込まれるということ、
その可能性があるということ、
それがとてもとても怖い。


最近、Amazonのブックレビューをやり始めて、
結構おもしろいもんだなぁ、と思い始めていただけに、
残念・・・。