読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日の記憶

映画

映画「明日の記憶」を観てきました。
アルツハイマーになってしまった男の人と奥さんの物語。


進行する病。
ただ、ただ、移り変わっていく季節。


何をもって、人は「生きている」と言えるんだろう。
って、思った。
最近、おじいちゃんが亡くなって、
もう新しい想い出を作れない、ということが
何よりも悲しかった。
人の死には2つある、てお坊さんが言っていた。
肉体の死と、人の記憶から消えてしまう死と。
でも、じゃあ、本人が忘れてしまうのは?
新しい想い出を本人が作り出せないのは?


部長だった主人公の退職の日、
部下の女の子が、自分の名前を書いたポラロイド写真を
主人公に渡して言うセリフ。
「私達のこと、忘れないでください。
 私達も部長のこと、忘れませんから。」


人の存在っていうのは、
誰かの中に自分の記憶があって、
自分の中にその誰かの記憶があって、
それで成り立つものかもしれない。
でも、たとえその片方が消えてしまっても、
"何か"は在ってほしいって思う。
それが何なのか、よくわからないけども。


だけど、映画の中には確かに
"何か"はあったように思う。