感想

5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~

久しぶりに映画を観て来ました。 『5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生~』 5p-kiseki.comドイツの映画。5つ星ホテルで働くことを夢見る青年が、 突然に視力をほとんど失って、普通の人の5パーセントの視力になってしまう。 だけれど、ホテルで働く…

君の名は。

半月ほど前になるけど、映画「君の名は。」を観ました。 観たときは、巷でそんなにもフィーバーしていることは知らなかったのだけど。 最初、この映画の宣伝PVを本屋で見かけたとき、 男女が夢の中で入れ替わるというSFっぽい設定が気になりはしたのだけど、…

仁義なきキリスト教史

仁義なきキリスト教史作者: 架神恭介出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/03/14メディア: Kindle版この商品を含むブログ (3件) を見る「おやっさん、おやっさん、なんでワシを見捨てたんじゃ!」 キリスト教二千年の歴史が、いま果てなきやくざ抗争史とし…

かくかくしかじか

東村アキコ先生の「かくかくしかじか」を読みました。かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット (愛蔵版コミックス)作者: 東村アキコ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/03/25メディア: コミックこの商品を含むブログを見る ひさしぶりにマンガで泣いた…

御馳走帖

そんなわけで、最近ひさしぶりに本を色々読み出していて、 そのうちの一冊、「御馳走帖」。御馳走帖 (中公文庫)作者: 内田百けん出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1996/09/18メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 30回この商品を含むブログ (54件) を見る …

そして父になる

前日にチケットを買っておいて、 休日の朝一番の回の映画を観るのが最近のお気に入り。 というわけで、連休最終日の本日、 映画「そして父になる」を観てきました。 う〜ん、慶多くん、かわいい。 あんな父親を父親として慕ってくれるのは、 あの子くらいだ…

八日目の蝉

八日目の蝉 (中公文庫)作者: 角田光代出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2011/01/22メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 166回この商品を含むブログ (199件) を見る『八日目の蝉』(角田光代)を読み終えました。 不倫相手の生後6ヶ月の子供を誘拐し逃亡…

幽霊人命救助隊

幽霊人命救助隊 (文春文庫)作者: 高野和明出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/04メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 112回この商品を含むブログ (69件) を見る「自殺」という難しいテーマに真っ向から挑んだお話。 主人公は自殺した幽霊たち。 老ヤクザ…

高杉さん家のおべんとう

最近、川崎ラ・ゾーナの丸善で、 『高杉さん家のおべんとう』がよく平積みになっている。 グッジョブ、丸善p(− − 高杉さん家のおべんとう 1 高杉さん家のおべんとう 2 高杉さん家のおべんとう 3 これは現在、「コミックフラッパー」という雑誌で連載中の漫…

レ・ミゼラブル その4:時代背景

レ・ミゼラブルの時代背景を知りたくなって、 図書館に行って、ちょうど良さげな本を借りて読んでみました。フランスの革命運動1815‐71作者: ジョンプラムナッツ,John Plamenatz,高村忠成出版社/メーカー: 北樹出版発売日: 2004/10メディア: 単行本この商品…

レ・ミゼラブル その3:ジェヴェール

前回、マリユスくん批判をつらつら書いてしまいましたが、 まぁ、要は、 私はマリユスがあまり好きではない、 というだけの話かもしれない( ̄ー ̄; じゃあ、逆に、誰が好きだったのか、というと、 ジャヴェール。 実際に身近にいたら、 ちょっと困るし、た…

レ・ミゼラブル その2:マリユスとコゼット

マリユスとコゼット。 この二人が、ただのバカップルと思うのは、 私だけでしょーか? 周りが完全に見えず、二人の世界で フォーリン・ラブ。 まぁね。二人とも若いし、初恋だしね。 互いだけで世界が一色に染まってしまうのも、 わからんでもない。 ・・・…

レ・ミゼラブル その1:ジャン・ヴァルジャン

レ・ミゼラブル (1) (新潮文庫) レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫) レ・ミゼラブル (3) (新潮文庫) レ・ミゼラブル (4) (新潮文庫) レ・ミゼラブル (5) (新潮文庫) パリ旅行を機に読んでいた『レ・ミゼラブル』を読み終えました。 これ、学生時代に一度読んだの…

借りぐらしのアリエッティ

映画『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 良かったです。 ストーリーも映像も。 まさか舞台が日本だとは、思わなかったけど。 映画内では、人間視点と小人視点が頻繁に切り替わるのだけど、 その際の視点の表現方法が、すごく巧みだなぁ、と思った…

とりかえ風花伝・完結篇&柳原望さんアレコレ

とりかえ風花伝 完結篇 上 (花とゆめCOMICSスペシャル) とりかえ風花伝 完結篇 下 (花とゆめCOMICSスペシャル) 今日、本屋で見つけた瞬間、うわぁって感激しました。 このマンガは、元々、 2004年から雑誌LaLaDXで連載されていました。 が、人気取りが命の雑…

時をかける少女(ネタばれ有り)

映画「時をかける少女」を観てきました。 ・ ・ ・ 全然、時かけないじゃんorz 全く駆けない、と言ったら語弊あるけど、 ひたすらに一本道なストーリー・・・。 それでも、最後のクライマックスでは、 さすがに時をかけるのだろう、と思ってたんですけど…

ヒカルの碁3&囲碁ワークショップ

漫画の余韻も冷めやらぬので、 ゲームキューブ用ソフト「ヒカルの碁・3」を買って遊んでます。 ヒカルの碁3(ゲームキューブ用ソフト)ゲームキューブのソフトはWiiと互換性があるから、 それなりに中古市場に出回ってるかと思いきや、 秋葉原の中古ソフト…

ヒカルの碁・完全版 12巻、13巻

| 「ヒカルの碁・完全版」の12巻、13巻を読み終えました。 現在発売されているのは、ここまでです。 昼間、コーヒーショップで12巻を読んでいて、 『千年の答(第116局)』のラストで危うく涙ぐみそうになった。 10年近く前にジャンプで立ち読みしただけだけ…

ヒカルの碁 完全版

最近、「ヒカルの碁」の完全版をチビチビと買い集めてます。 ヒカルの碁 1 完全版 ヒカルの碁 2 完全版 ヒカルの碁 3 完全版 ヒカルの碁 4 完全版 ヒカルの碁 5 完全版 完全版は、表紙が美麗ですね。。。(*^−^*) 昔、ジャンプで連載していた時に途中ま…

サマーウォーズ

昨日、映画「サマーウォーズ」を観て来ました。 感想↓ OZのサーバーの電源、落とそーよ。。。(^^; う〜ん、、、映画で表現したかったことは、たぶん、 『電脳空間が幅を効かせてる現代(近未来?)社会、 そこを乗っ取られると大変なことが起きるよ、 …

サマーウォーズ 釈然としないワケ

少しネットの中を波乗りして、 サマーウォーズについての世の人々の感想を見てみたんですが、 意外に好評なんですね、これ。 賛否半々くらいじゃないかと思ってたんだけど、8:2くらい? で、よかった、という人々の感想も色々読んでみたのだけど、 でもや…

ドラクエ9経過

Willcom03のセットアップ等により、一時休止していたドラクエ9を再開。 マキナお嬢さんのお人形がさらわれたところからでしたが、 無事、中ボスを倒し、人形は人形に戻り、 船をいただきました。 でも、お人形の話、ちょぴっと悲しいね。。。 ていうか、屋…

オランダ絵画展

ホテルオークラで30日まで開催されている『栄光のオランダ絵画展』に行ってきました。 虎ノ門の駅にポスターが貼ってあって、毎朝気になっていたのです。 ホテルオークラの真向かいが職場なので(^-^; (なんだってうららかな休日に、いつもと同じ道を歩いて…

サウンドトラック

吉俣良さんのサントラBest盤、 気になって、買っちゃいました。Best Soundtracks~篤姫BEST and more~吉俣良 ポニーキャニオン 2009-08-05by G-Tools篤姫のサウンドトラックとどっちにしようかな、と迷ったのだけど このBest盤にも結構、篤姫の音楽が収録され…

ドラクエ9

最近、街や電車の中で、DSをやっている人が多い気がするんですが、 やっぱ、みんな、ドラゴンクエストIX 星空の守り人スクウェア・エニックス 2009-07-11by G-Toolsこれをやっているんでしょうかね? で、まぁ、そんな世の中の誘惑に逆らうことなどできるは…

メカ女食事会と篤姫の回想

ひさしぶりにメカ女仲間(=機械工学科卒業の同期女子)で集まって 食事をしました。 メカ女全9名中、7名出席の高出席率。 一人二人と会って遊ぶことはあっても、 みんなで会うのは、誰かの結婚式で集まるくらいだったので、 なんかこういうのは久しぶりで楽…

『天璋院篤姫』を読み終えて

ちょっと前に読み終えた『天璋院篤姫』の感想を。 新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫) 新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫) 読みながら思ったのは、 篤姫の偉大さを物語るエピソードが全体的に不足してるかな〜、 ということ。 なんか具体的な話はそんなに…

やばい

篤姫のDVDを一気に見終え、 盛り上がった気分のまま、昨日、ブックオフに走り、 原作の『新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)』を読み始め、 篤姫気分まっさかりな今日この頃なのですが。 本日、川崎ラ・ゾーナのお惣菜屋で買い物をしていた時のこと。 ラ・…

篤姫会

メカ女仲間のみいと篤姫会を行いました。 篤姫会――篤姫のDVDをひたすら鑑賞する会のことです。 実は、1ヶ月前に第1回を開催していたのですが、 その時は、第25話まで観たところで、時間的制約により終了。 そこで、その続きを今回、行うことになった次第であ…

ベンジャミン・バトン

上映終了間近の本日、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観て来ました。 映画の封切り前から、 『80歳で生まれて若返っていく男の物語』 という、意味不明な宣伝文句に 「なんじゃそりゃ?(@o@;」 と思い、 「なんかブラピが、 『誰でもどこかしら…